生理周期とベルタ葉酸

生理周期が長いというのは、婦人科系の病気を発症している可能性があります。
生理周期が長くなっている婦人科系の病気としては、多嚢胞性卵巣症候群の疑いがあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群においては卵巣自体が大きくなってしまうために排卵しづらくなります。

 

代表的な症状としては生理周期が長くなる、ということが挙げられるのですが、通常の生理周期であったにも関わらず生理周期が長くなっている場合にはこのような病気を疑っても良いかもしれません。

 

多嚢胞性卵巣症候群を放置していると無排卵になってしまったり、不妊の原因になることもありますので、できるだけ早く医師に相談をしておくようにしましょう。

 

また、更年期障害が原因となって生理周期が長くなることもあります。
女性は50歳前後になると閉経を迎えます。
この閉経を迎える前後5年間を更年期と呼ぶのですが、女性の体というのは色々な変化が起こります。
その1つとして閉経を迎えるまでには生理周期が長くなるのです。

 

このような状態では妊娠しづらくなりますので、できるだけベルタ葉酸を摂取するなどして妊娠に必要な栄養分をしっかりと摂取するようにしましょう。
婦人病を改善できるとはいえませんが、妊娠しやすい体作りを行ううえで効果的です。