葉酸の摂取量と時期について

葉酸は、レバーや緑黄色野菜、豆類などに多く含まれるビタミンB群の一種で水溶性ビタミンです。
細胞分裂に重要な役割を果たし、赤血球を作り出す働きもある大切な栄養素です。

 

特に、妊娠との関わりが深く、妊娠全期間を通してと授乳期には、通常より多くの摂取を推奨されています。
葉酸の推奨摂取量は、成人男女の場合は1日に240μgで、妊婦は480μg、授乳婦は340μgとなっています。

 

妊娠初期は、胎児の重要な器官を形成する大切な時期なので、十分な摂取が望まれます。
適切に摂取することで、神経管欠損という先天異常のリスクが軽減されことが、最近判明しました。

 

そのため厚生労働省は、妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月の女性は、栄養補助食品を利用して1日400μgの葉酸を摂取するよう呼びかけています。
葉酸は、加熱すると流失するため、料理することで含有量が半減しまいます。

 

また食品からの摂取では吸収されにくいという性質もあります。
さらに、毎日排出するので継続して摂る必要もあり、栄養補助食品の積極的な利用が勧められています。

 

普段の食事からバランスよく栄養をとることが前提ですが
欠かせない栄養素を無理なくとるためにも、サプリメントの利用も考えましょう。